離婚をするつもりで浮気調査をする

パートナーが浮気をしている。そうなった時に、あなたはどうしますか。裏切った相手は許せないことでしょう。そこで浮気を認めさせて反省してもらうのか。それとも、もうどうにも許せない。離婚を決意してしまうのか。この2つは大きく違います。そしてどちらを選択するかによって、その後の行動が違ってきます。浮気調査自体変わってきます。ここではまず、離婚をしたい場合どうしていくか、解説していきましょう。先に述べた2つの行動。どちらにしても証拠が必要になります。相手が確かに浮気をしている、という確実な証拠です。特にこれから離婚をしようとしている人ならば、その証拠が法的に有効でなければなりません。知らない異性の名前が携帯にあった、ホテルに行くのを見た。それでは役に立たないのです。離婚をするならば、出来れば探偵事務所に依頼して浮気調査をしっかりとしてもらいましょう。そうして証拠を掴む。これがまず大事なのです。そしてその証拠を基にして行動を起こすのです。
一番重要なのが、「慰謝料請求」です。確固たる証拠があれば、
慰謝料が請求できます。探偵事務所が挙げてくる証拠は、肉体関係が有るか無いかという、極めて法的に相手より上に立って離婚を進めていけるものです。自分一人ではとても掴めない重要な証拠です。
慰謝料を最大限に貰う為の切り札になる存在なのです。出来れば、証拠は複数あると更に強気でいけます。相手との話し合いの中で、集めた証拠を一気に出してしまわず、駆け引きをうまく使い、小出しにするのもいいでしょう。相手が弱気になった時に、一気に写真などを突きつけるなど、戦術を練って、交渉していくことが賢明です。話がこじれそうならば、弁護士に任せるのもひとつの方法です。慰謝料をしっかりと取るために、慎重に行動してい行くことが大事なのです。

名古屋市内の方へ

昔と比べて、探偵事務所に浮気調査を依頼する件数は増えてきています。それにはいろんな理由が考えられます。一番大きいのが、離婚率です。年々離婚率が上がってきているのです。昔と比べたら、かなり高い数字です。今では、婚姻者の30%が離婚するという統計があるくらいです。ではなぜ離婚率が上がってきたのでしょうか。これにはいろんな理由が挙げられます。生活の仕方が大きく変わってきています。昔ならば、結婚した女性は専業主婦となり、家庭を守るのが一般でした。しかし、今は違います。共働きの夫婦が増えています。そのことで、家から外に出て、他の男性と交わる機会が増えています。そこで不倫関係になるケースが増えています。これは女性が一方的に悪いわけでなく、相手も妻帯者の場合もありますから、こうなると男性にも原因があるのです。今は男性と同じように女性も働く時代です。仕事以外に、
インターネットの普及、スマホの普及も離婚率に繋がっていると考えられます。SNSでは、簡単に知らない異性と知り合うことが出来ます。また、簡単に連絡を取ることも出来ます。見知らぬ異性に、愚痴を聞いてもらう主婦も増えています。そこからエスカレートして付き合いに発展して、更には不倫関係にまで行ってしまうケースも増えているのです。そんな時代です。必然的に離婚率が上がっていくのも無理もないでしょう。このように、離婚をする人、また離婚しようと考える人が増えていますから、探偵事務所には浮気調査の依頼が増えてきているのです。離婚を有利に進めていくには、証拠が必要です。証拠は法的に優位に立つものでなければいけません。そのために、自分で証拠を探すのではなく、プロの調査を依頼するのです。確かに
探偵事務所に依頼するとお金もかかるのですが、依頼して強力な証拠を掴めば、慰謝料も多く取れます。またスムーズに離婚しやすくなるのです。はっきりとした証拠を突きつけられたら、相手はもう諦めるしかないでしょう。そんな離婚の際に必要な証拠を得るために、探偵事務所は重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>